4歳児の発達・ 心 ・出来る事

スポンサードリンク

積み木で家もつくれるよっ

この時期に幼児は体がほぼ完成です。3歳まではすばやく動かせなかったような動きが出来るようになり、90%前後大人と同じになったのです。本来、ピアノ、バイオリンは2歳前後から習わせるのがいいのですが、子の時期に習わせる人が多いのもそれが理由と言えます。


まずは親のあなたが引けるようになって
一緒に楽しくピアノを覚える。感性と音感は一生モノですからね♪
鶴もおれるよっ

公園では細い棒の上をおる気回ったり、ブランコでは飛び乗り飛び降りをする子もいます。パパママを心配させますが、子供の独自性を伸ばす為にも、温かく見守ってあげるのが大切となります。また、指の細かい動かしも出来るようになり、絵では丸や四角が描け、遅い子でも自分で服を脱ぎ着する事が出来ます。


話す言葉・言う言葉

幼児が考えている事は、しっかり言葉で言える様になってきます。集団生活の中でいろいろあったことを伝わるように話します。まだ、出来なければ、親子のコミュニケーションはしっかりとれているか、またとれていたかを疑わなければなりません。

一人で静かに遊んでれるよ

言葉を自分の思ったように話せるようになったのですから、もはや子供のけんかに親はいりません。みんなでボールで遊んだりしますが、ルールを守らないと「○○ちゃん守らないからイヤだ」等と、仲間はずれがありますが、「じゃ、○○ちゃんも、そう言われたらどう思う??」と聞くことによって直るような理解が出来ます。友達と長い時間一緒にいる為、自分の意思を伝えることができ、自立し、集団生活、規則ただしい生活が出来る様になってきます。

4歳の子供に与えてあげたい教材

幼児の心の中・遊び

この時期の幼児の質問はもっと具体的になってきます。今までの「コレ何??」等から進歩して、次のもうひとつ奥に入った「なんでこうなってるの?」がでてくるのです。パパママは先生として適当にではなく分かりやすく教えてあげなければいけません。毎日が幼児教育なんですから。子供が「フ~ン」とした顔をしたら、それは世界が広がった証拠なのです。

作る前に物が考えれるよ

自分をコントロールできるようになったので、自分が恥かしいと思うことはしなくなります。また、人の気持ちをよく理解できるようになり「静かにしようねっ!」と言えば、うるさくしたらママが悲しむと思い先が分かるようになるのです。記憶力も大きく伸び、旅行に行ったときのコトなどを詳しく覚えて、後がお話することが出来ます。

4歳の子供に与えてあげたい遊具
まずは親のあなたが引けるようになって
一緒に楽しくピアノを覚える。感性と音感は一生モノですからね♪

4歳児の幼児の出来る事

船も一人で漕げるもん

幼児が自分の体をきれいに洗うことから、うがい、手洗いもしっかり、自分からするようになります。また、思い出したことを「あの時、~だったよねっ、ママッ」等と話すことも多くなります。片足スキップ、自転車は当たり前、自転車の立ちのり等もでき、逆上がりを連続で出来る様になります。

環境に大きく左右されますが、ひらがなは当然全部書けるようになり、カタカナもかけるようになり、早い子ではA~Zも書けるようになります。そして数字では小さい数の足し算、引き算は簡単にこなせるようになります。そして九九も教えれば理解し言えるようになります。

スポンサードリンク

これは2さいからの教育速度の差です。子供が興味を少しでも示したらもっと興味を持つように仕向けることが鍵です。


スポンサードリンク

─────――― END of This page. Copyright 2009-nailnana All Rights Reserved――───――

スポンサードリンク