幼児期の子供の発達・精心面と出来る事

スポンサードリンク

生まれた時はみんな一緒

0~3歳までの子供の知能の発達は4~17歳までの知能の発達に相する

心を大きく育てたい親さんは是非見てください
  ☆クリック☆

幼児期を大きく分けると0~3歳、そして3~6歳までで発達の内容が変わってきます
幼児の子供の発達では、今まで遺伝的な要素が強いとされていた能力や性格が、実は、0~3歳までの幼児期に外からの刺激、情報を、読み取ってパターン化する基本的な情報処理の仕組みが形成、発達する段階で決まるのです。このとき脳細胞の70~80%ができあがっています。

幼児期の子供の3歳以後は、それまでに形成、発達した思考、創造力、感情などを「どのように使うか」というアウトプットする前頭葉が発達してくるのです。なので、生まれてからの幼児教育次第(パターン認識の発達途中の育児次第)でどんな子にもなるのです。
遺伝によって似るのは体格や、外面なのです。しかし、それすらも最近の科学では、平均に返るという見方もあります

絶対音感や運動神経、絵の上手さ、センス、感覚も、幼児期0歳から3、4歳までにもの凄く発達します。パターン認識が出来るようになると幼児は人見知りが始まり、自分のパターン認識を確認する為に何回も同じコトを聞いてきたりします。そしてアウトプットできるようになると、幼児期のそれまでに経験してきたパターン認識を応用し、組み合わせることができるようになってくるのです。


子供の年齢別 自我の発達 ・ 出来ること 出来るようになること

嫌な時はイヤッ

子供の発達速度には幼児の子供によって多少の差はありますが、日本での幼児の平均の発達速度を知ることによって、あまりにも遅れているなら、なにか、精神的な問題、身体的な問題があるかも!!といち早く見抜く手がかりになります。幼児期の子供の早期発見は幼児の早期治療につながりますので知っておくべきでしょう

子供に親の音痴、運動音痴はうつるの??

おかたずけは自分で出来るもん

子供にもうつるの??まず答えからいいますと、うつりません!しかし、今現在の環境が、パターン認識が発達している途中の幼児が、音痴の親に音程の狂った子守唄を毎日聞かされ、発達途中にもかかわらず、発音があっていない日本語を聞かされてば、それを元にパターン認識能力が発達するわけですから、工夫をする必要があります。せめて、発達の著しい4歳までは、音程の合っている綺麗な曲を聞かせて優しく抱っこしてあげる(歌は歌わずに)とか・・・それが、親の優しさではないでしょうか。音痴な歌を聞かせてあげるのは優しさではありません。自己満足です。

心を大きく育てたい親さんはぜひ見てください
  ☆クリック☆
自我が出てきた。悪たれ2歳の格言

また、運動音痴の親ですので、運動が嫌いで、運動をしない環境にあるわけです。その環境で育ってしまった発達途中の子供はやはりそうなってしまいます。うつるのではなく、発達したいのにそうさせられているのです。それは子供に対する義務違反です。運動音痴の親こそ、発達途上中の少なくても3歳になるまでは、幼児体操、幼児の運動を一緒にする、ハイハイするようになったら、たくさん歩かせてあげることによって、脳にもよく、運動神経の良い子供を育てることができますし、スキンシップもとれ子供にいいことだらけなのです。

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク


─────――― END of This page. Copyright 2009-nailnana All Rights Reserved――───――

スポンサードリンク