2歳児の幼児の学習遊具と教材

スポンサードリンク

積み木

子供にとって学習もお手伝いも全てが遊びです。また、遊びになるようにしてあげるのがパパママの務めなのです
遊びを通して元気な体をつくり、指を少しずつでも器用に動かせて脳に刺激をあたえ、会話をしながら育っていくのです。


あなたの子供と小学校受験をする子供・・・・・すでに差がついてませんか??
その差はなぜつくんですか??自宅でもしっかり出来ます。
小学校に入るまでに差がついてしまうのは親の責任と自覚してください。
親に知識があれば、塾に入らなくても大丈夫。コツさえしれば誰でも教えれます。

ブロック

2歳の後半になるとパパママから離れて、少ししたら戻ってくる、そのようにして少しずつ離れて遊べるようになってきますが、離れたところから見ていてあげないと、心の不安が広がり、少しでも離れたら、ずーとママパパがどこかに行ってしまうのでは??と思ってしまうので少し離れてみていてあげましょう


あなたの子供と小学校受験をする子供・・・・・すでに差がついてませんか??
その差はなぜつくんですか??自宅でもしっかり出来ます。
小学校に入るまでに差がついてしまうのは親の責任と自覚してください。
親に知識があれば、塾に入らなくても大丈夫。コツさえしれば誰でも教えれます。

2歳の幼児の教材・遊具

ボールのプール

早い子はひらがなを読むことができます。ブロック、おままごと、水鉄砲、ジャングルジム、お絵かき、塗り絵、危なくないハサミ、子供用パズル、砂場遊びセット、三輪車、木の積み木、遊びのお家、粘土、折り紙、シャボン玉、着せ替え人形、楽器、が最低限お子さんに与えたい道具だと思います。

運動では、走ったり、片足で跳ねたり、つま先で少しずつ歩いたり、3輪車のペダルをこぐようになります。階段も1段ずつではなく、一歩ずつ上がれるようになります。また、クレヨン、色鉛筆などで、丸を書けるようになり、早い子では、丸の中に目をかき丸の上にグシャグシャと髪の毛をかきます。そして、ハサミなどもしっかり使うことは出来ませんが、紙を切ったりして遊びます。

与えるだけでは教材としては機能しません。パパママが機能を持たせるのです

全てのもの、コトにいえますが、おもちゃ、遊具、教材、を子供に与えて、ほかりっぱなしでは、折角の遊具、教材、おもちゃも、あまり役にはたたないのです。ですので、一言、二言、言うのと同時に、近くでみていて、遊び方、使い方、を少し誘導してあげるだけで、子供たちは、その一つ教えてもらったのから、どんどんいろいろな、やり方、楽しみ方を発見していくのです。

スポンサードリンク


あなたの子供と小学校受験をする子供・・・・・すでに差がついてませんか??
その差はなぜつくんですか??自宅でもしっかり出来ます。
小学校に入るまでに差がついてしまうのは親の責任と自覚してください。
親に知識があれば、塾に入らなくても大丈夫。コツさえしれば誰でも教えれます。

最近のパパママに多いのですが、モノを買い与えすぎるのもよくありません。散漫でワガママ、モノを大切にしずに、創造力もつかえない子供になってしまう傾向がつよいので、与えればよいのではなく、導いてあげるのが努めなのです。


─────――― END of This page. Copyright 2009-nailnana All Rights Reserved――───――

スポンサードリンク