3歳児の幼児の学習遊具と教材

スポンサードリンク

ブロック

幼児は先を(少し未来)を考れるようになり、モノを工夫して遊べるようになります。そして1人ではなく、2人、3人で遊ぶのを楽しめ、社会性が付いてくる時なので、社会性を伸ばし育てる為にも、みんながいるところで遊ぶ時間を作ってあげなければいけません。市の運営している子供の城等は、とてもいい場といえます。


あなたの子供と小学校受験をする子供・・・・・すでに差がついてませんか??
その差はなぜつくんですか??親の違いだけです。自宅でもしっかり出来ます。
小学校に入るまでに差がついてしまうのは親の責任と自覚してください。
親に知識があれば、塾に入らなくても大丈夫。コツさえしれば誰でも教えれます。 創造力ままごと

また、同じ、遊具にしても、パパママの使い方、教え方次第で、子供にとって、ただのゴミになったり、とても良い教材になったりしますので、創造力を使えるように工夫してあげましょう。遊ぶ際には、必ず、数の概念を入れて遊ぶようにします。7回しようね。7個つくろうね等です。子の時期から、動物図鑑を与え、毎日見た、虫、動物を一緒に見ることで図鑑、辞書が大好きになっていくのです。


3歳の幼児の遊具・教材・遊具

本格的ままごと

ひらがなはへたでも全部書けるようになり、カタカナは読め、早い子ではA~Zを言えるようになります。数字では簡単な足し算引き算と、数の概念1が10個で10、それが2つで20個などは理解します。ジクソーパズル、電車プラレール、人形の家や家具、粘土、楽器、補助付き自転車、家の中で鉄棒、縄跳び、数遊び、等がいいです。

スポンサードリンク

また、3輪車は上手にこげ、自転車に乗れる子もいます。ブランコでも、意味は分かっていませんがコウしたら勢いがつくと教えてあげれば、体で体重移動を覚えできるようになります


─────――― END of This page. Copyright 2009-nailnana All Rights Reserved――───――

スポンサードリンク