4歳児の幼児の学習遊具と教材

スポンサードリンク

笑う子笑わない子

幼児には、いろいろな子供と遊ばせるようにしましょう。子供なりに「好きな子」「嫌いな子」が出来ますが、社会性が凄く伸びる時なのです。ルールのある遊びや、順番のある遊びをすることで、規則性、また勝ったり負けたりで、自分の思うようにならなくても、次、頑張ると言う気持ちを養える場なのです


あなたの子供と小学校受験をする子供・・・・・すでに差がついてませんか??
その差はなぜつくんですか??親の違いだけです。自宅でもしっかり出来ます。
小学校に入るまでに差がついてしまうのは親の責任と自覚してください。
親に知識があれば、塾に入らなくても大丈夫。コツさえしれば誰でも教えれます。 鉄棒があるといいなぁ

また、同じ、遊具にしても、パパママの使い方、教え方次第で、子供にとって、ただのゴミになったり、とても良い教材になったりしますので、創造力を使えるように工夫してあげましょう。遊ぶ際には、文字、数字をパパママが意識して「ボールを5回投げるよ~」、ままごとでは「ネギって書いてあるの頂戴ね」等です。図鑑は是非子供の為にも動物、植物と揃えるようにしましょう。そして、見たものを自分で調べるように誘導すると、分からない事は自然と調べるようになります。


4歳の幼児の遊具・教材

勉強も大事

ひらがなは全部書けるようになり、カタカナもかけるようになり、早い子ではA~Zも書けるようになります。そして数字では小さい数の足し算、引き算は簡単にこなせるようになります。そして九九も教えれば理解し言えるようになります。遊具、教材としてはハサミ等の道具セット、自転車、フラフープ、オルガン、ピアノ、カードゲーム、ままごとセット、虫かごなどは最低限、与えてあげたい遊具です。

スポンサードリンク

片足スキップ、自転車は当たり前、自転車の立ちのり等もでき、逆上がりを連続で出来る様になります。運動の出来る子は自分に自身がつき、進んで物事をしようとします。教え方だけで、できるようになるので、パパママもがんばりましょうね。


─────――― END of This page. Copyright 2009-nailnana All Rights Reserved――───――

スポンサードリンク