幼児期の子供 年齢別平均データ

スポンサードリンク

伸び伸びと育つ

幼児期の子供の平均・・・。幼児を育てているパパママは、我が子がちゃんと育っているのか平均が気になると思います。ここでは、数字のデータとして、子供の平均成長を書き出しました。少し前のデータですが、母子手帳とも比べ、あわせ、見るようにしてください。
また、知能、能力は、数値では難しいので文面にして紹介させていただきました。これらは、全て、パパママの成績表みたいなものです。子供にいかに、どのようにして教えて育児教育をしてきたかが、平均によって分かっていただけると思います。

のんびり、自由にすくすくとの意味を履き違えて、ほかりっぱなしの子育てでは、勉強し始める前に差が付いてしまうのです。一つの平均を目安としてみていただけると幸いです。


幼児期の平均データを数値で見る

以下が幼児の平均データとなっています。

  体重(男の子) 身長 体重(女の子) 身長
2歳~2.5歳
12.3~13.2
87.1
48.5
11.7~12.6
86.1
47.8
2.5歳~3歳
13.2~14.1
90.8
49.4
12.6~13.4
89.5
48.2
3歳~4歳
14.1~15.8
94.4
49.8
13.4~15.2
93.0
48.5
4歳~5歳
15.8~17.4
101.2
50.1
15.2~17.0
99.8
48.9
5歳~6歳
17.4~19.0
107.1
50.8
17.0~18.9
106.2
49.9

少し以前の平均データとなります。また個人差がありますので、少しずれてるからといって心配する必要はありません。

年齢別、幼児の出来る事 平均

個性は人それぞれ

幼児の年齢別平均は、生まれ持った能力などでは何も決まらないことばかりです。全てに関して、いままでの育児教育によって、出来る事、出来ないことが大きく分かれてしまうだけです。ですので、あせらず、子供にストレスがかかることのないように、興味を持たせてあげて、進むようにしましょう。

幼児期の子供  遺伝も平均に戻る!?

平均とは?競争??

幼児の平均は上下がはげしいのも事実です。しかし、事実かどうかはわかりませんが、数学者の中にはデータは平均に返るという理論を立てる人がおおくいます。なので、いくら両親が身長が高くても子供はそれとは関係なく日本人の平均に戻るらしいのです。逆に、背の低い両親から190を超える子供が産まれるなんて話もあります。
歴史のように、椅子に座るようになった日本人は足が長くなると同じように、環境、食べ物によっても大きく作用されるようです。私が思うには、高い、低いどちらかに飛び抜けるのは、宝くじのようなものなのかなぁ??と思います。

スポンサードリンク

ただ、能力は、ほぼ、1歳からの教育で決まると言うのは、私の子供を見ても、周りのママさんを見ても言えると思いますので、ダメな意味での、ほかりっぱなし子育ては、子供に対しての犯罪だと思います。


 

スポンサードリンク

─────――― END of This page. Copyright 2009-nailnana All Rights Reserved――───――

スポンサードリンク