子供の運動神経が悪いのは、幼児期に外で遊んであげてないから

子供だった時の運動神経を覚えていますか??運動神経は良い?悪かったですか??運動神経
あなたはなぜ運動神経がよかったのですか??
そして、また悪かったのですか??

スポンサードリンク

もちろんすべてが親さんのせいではありません。 現に、親さんにまったく外で遊んでもらってなくても運動神経がいい子はいますので。
そのかわり、外でも中でも遊んでもらってない子は
自分一人でや、友達と外でいっぱい遊んでると思います。
それらが運動神経につながっていくんですね。

生まれた時は、みな同じ・・・。いろんな意味があると思いますが、遺伝を除いては真っ白なままですので、
基礎を作り、また、いいところを伸ばしてあげればもちろん得意分野が伸びますよね。

運動神経を伸ばす親、見過ごす親

幼児期で運動神経は大きく決まっちゃうって知ってましたか??

運動神経幼児期で運動神経の大部分は決まってしますというデータがありますが
私も実際にそうだと思います。
小さいころについた癖がなかなかとれないのと同じ、何事も基礎が大切というのと同じで
すべてにかんして、基礎!!となるのか幼児期だからです。
その幼児期に、運動もしない、勉強もしない、ただテレビをみているだけ・・・・・
それでは運動神経も発達しずに、さらに、勉強の癖も楽しみも知らないまま
基礎が形成される事になってしまうからです。


基礎が出来てしまった後に、教えなきゃ!!では、子供に負担がかかるばかりか
子供の信用もなくしてしまい、さらには運動自体を嫌いになってしまいます。
そして、最後は子供のせいにして、
なんでこんなに運動神経が悪いんだろう?誰に似たのかな??
と子供に対して思うようになるんです。

スポンサードリンク

誰に似たかもなにも、親さんの育て方でそうなったんですよ。

勉強も大切ですが、運動は子供の自信にもつながり
さらには何をするにしても行動の元となるものなんですよ。


─────――― END of This page. Copyright 2009-nailnana All Rights Reserved――───――

スポンサードリンク