興味を持たせるのが成長の鍵

スポンサードリンク

やってみたいなぁ

好奇心は成長の鍵・興味も成長の鍵です!!
子供の為に親が知るべきこと

成長と言えば・・・、パパさんママさん自分自身も身に覚えがあると思いますが、勉強しろと言われると「えっ・・・嫌だなぁ」と拒絶反応が出る人がいると思います。それは、私たち自身も、押し付けられる幼児時代をすごしたからです。学習とは興味を持って楽しんでやるものなのです。現実に、勉強が好きという方も多々いるのもじじつなのです。それは、私達自身の幼児期の影響からなのです。

子供と一緒にお勉強

最近になって、育児とは、教育とは、が研究されたことによって幼児期の勉強、しつけの仕方が変わってきましたが、まだまだ、昔の固定概念で幼児期の子供を育てている人がたくさんいます。
私達のように、勉強といわれると「嫌だ」となってしまう子ではなく、興味を持って勉強を遊びとして出来る子を育てる為には、興味、好奇心を前提にさせてあげるというスタンスでいくことが大切なのです。


興味を持たせる為には、興味を持つように誘導してあげるコトが成長に繋がります。

幼児期は成長の真っ只中です。もし、子供が興味がないもので、パパママがどうしてもやって欲しい事があれば、子供が、遊んでようが何をしてようが関係なしに、まずは、あなた、パパママが子供をシランプリし、真剣にやってください。そうしていけば、子供はそれに興味を持ち始めます。だって、パパママが楽しそうにやっているのですから当然のコトですよね。子供は、パパママがすることに、興味を、好奇心をそそられるのです。

興味を持てば遊びと一緒

例えば、字を書く練習でもいいです。パパママが楽しそうにやっていれば、子供がやりたそうな顔して近づいてきます。でも、またやらせてはいけません。その場合は、やっていること、モノだけ見せてあげるのです。そうしていくと、必ず健康的な子であれば「僕、私もやるっ」といってきますので、そこではじめて「じゃ、やってみよっか」と、その書いていた紙を子供に渡すのです。1日15分を1週間もわざと子供をシランプリして楽しそうにやっていれば、必ず成功します。あえて、期間を延ばすのは、すぐに開きさせない為、やっとやらせてもらえたと思うと、余計に楽しく感じるからなのです。

スポンサードリンク

何に興味を持ってるの??成長させる為に・・・・

つまらないと感じたら教え方を変える

成長を元から考えると、子供は、何も知らない真っ白なものですので、幼児期に5感をフルに使ってあげることが大切です。ですので、5感をフルに働かせるものを与えてあげると、今現在、どれに興味があって、どれには興味がないのかがみえてきます。これを見極めて、苦手なのは一緒にやってあげる、やるのを見ていてあげるか、聞いていてあげるうちに1人でも好んでやるようになります。
ただし、大人から見ての正解に近づけようとするのはやってはいけません。何にしても正解はありません。創造力の芽を摘まない為にも、パパママの決まった世界観にはめるのはやめましょう。

 

興味がなくならないように親が手伝えること 成長を促進する

遊びの中での学習

これからの子供の人生において、興味は意欲を生み、意欲がやる気とかさなり、行動に移り、成長、進歩につながっていくのです。ですので、パパママはその天才の子供の興味をなくさせない様に手伝ってあげることが必要な時もあります
もし、子供が強く興味を示した時は、その興味、好奇心が持続するように、環境を作ってあげる、どうするかを教えるのではなく、一緒にやって、なんとなく導いていく等の方法があります。しかし、子供は興味が、色々なものにコロコロとかわるので、ムリに1つのコトをズットさせるのではなく、その強く興味を持っているものは、毎日の日課にするとか、いつでも出来るようにしておいてあげるのがよい環境となります。

褒めてあげるとどんどん成長する

興味を持つのはいい事です

しつけでもそうなのですが、子供の成長、進歩を考えて、興味を持ったことをしている時は、大げさなぐらい褒める、ギュッと抱きしめてあげると、子供は、これをやっているときは、いっぱい褒められて、いっぱい話してくれて楽しい!!と、がんばるようになるのです。また、肯定してあげることによって、自身もつき、自信がついたコトによって、自分から学ぼうという姿勢が育ってくるのです。

興味を持ってやっていることで叱られたり怒られたりすると、イヤイヤやるコトになるので、伸びるのが遅くなったり、やるのをやめてしまう結果になるので、禁物です。叱る、怒るのではなく、一緒にやってあげて、導いてあげるのです。



 

スポンサードリンク

─────――― END of This page. Copyright 2009-nailnana All Rights Reserved――───――

スポンサードリンク