幼児期の子供 自然が大切

スポンサードリンク

笑う子笑わない子

自然は、子供の創造力、好奇心、運動能力、知識を広めるのには絶好の場所です。色々なものを見て、色々なものを触り、手で感じ、匂いで嗅覚を刺激し、創造力を育てることが出来るのです。また、その遊んだ経験、体験をズット忘れることはありません。パパママと楽しく自然の中で過ごすのは、とても良いことなのです。

 

このページにいる人は本当に子供の事を考えている親さん。
運動神経は勉学、人格形成にかかわってきます。
その運動神経は幼児のうちに形成されるって知ってますか??

 

また、昆虫、魚、花、草など、家に帰ってから、図鑑を見るなどして復習することにより、辞書、図鑑、文字などに抵抗を持たなくなり、好きにもなるのです。2ヶ月に一度くらいは、広々とした外界に子供を連れて行ってあげましょう


スポンサードリンク

最近子供と外にでてますか??

最近のパパママさんは、家の中でゲームをさせておくなどが多いのが現実です。良く考えてあげましょう。昔は少し外に出れば自然もありましたが、今では、コンクリート、整備された堤防、何もかもが人工なのです。ですので、自然を体で楽しもうと思うと、パパママがどこかに連れて行ってあげなければ、見れない時代になったのです。山、海、川、広場で遊ばせる・・・・。

スポンサードリンク

自然は大きな、大いなる先生なのです。釣り、ボート、散策、栗拾い、リンゴ取り、イチゴ摘み・・・探せば自然に触れる季節ごとの行事はいっぱいあります。子供の創造力を伸ばすためにも、日本の文化的行事は自然にまつわるものが多々ありますので、是非、体験させてあげましょう。


スポンサードリンク

─────――― END of This page. Copyright 2009-nailnana All Rights Reserved――───――

スポンサードリンク